ヤクシマスミレ屋久島菫

ミヤマスミレ類(無茎種)
 Viola iwagawai  
==========================================
徳之島、奄美、屋久島、沖縄本島北部に生える小型のスミレ。沖縄では渓流の岩上に苔と混ざって生えています。
高さは3〜5cmの小型の多年生草本で根茎は短く地下に多数の細い根を出す。
葉は卵状三角形、先端は鈍く尖り、基部は心形〜切形状心形、辺縁は鈍い鋸歯があります。
花は径1cm前後で唇弁が小さく側弁の基部は有毛。

初めて見たヤクシマスミレは渓流の岩上に群をなし、多数の花を咲かせていました。今ではもう見られない光景です。
2003.4.26

岩につく苔と一緒にマット状に広がり岩を覆う。
2004.5.16

2004.5.16

2009.4.18

花弁が丸く可愛らしいタイプ(左) 2009.5.2  花弁が細いタイプ(右)2006.5.4


花は唇弁が小さい。側弁の基部は有毛。
2010.3.13

何時もと違い草の中で大株になって花を多数咲かせていた。2009.5.2
2011.4.10


11月に花が咲いていたのを見たのは初めてでした。他にすでに咲き終わったのもあって、よくわからない年でした。
葉と果実(右)葉は卵状三角形、先端は鈍く尖り、基部は心形〜切形状心形、辺縁は疎らな鈍い鋸歯があります。
2012.11.27


この場所へは簡単に行けそうにないですが、いつまでも残っていて欲しいポイント。
2016.2.14




top---home