ツクシスミレ 筑紫菫

ツクシスミレ類(有茎種)
Viola diffusa

==========================================
・人家付近の林縁、石垣、道端でみられる多年草。地上に茎を伸ばしてその先で下根し広がる。
・草全体に粗い毛があり、草丈は3〜10cm。
・葉はさじ形〜卵形で、長さ2〜5cm。先は鈍く尖り、辺縁は鈍鋸歯がある。
・花は径1cm。花弁の内側は黄色〜淡黄緑で外側に向けて淡紫白色に変わっていきます。側弁の基部は無毛。唇弁は他の花弁より小さめで紫条が入ります。
・分布は九州(長崎、熊本、鹿児島)〜沖縄本島。    栽培のツクシスミレはこちらです。


初めて野生のツクシスミレを見ました。関東の公園の中なので本来の自生地ではなく
栽培の逸出株の様ですが観察にはいい場所だと思いました。
東京都 2012.3.31

東京都 2012.3.31

沖縄でもわずかに残っていました。訪れた時は花が終わったばかりでしたが、周りの草に負けない様に増えて行って欲しいです。
沖縄県 2015.5.1

開花に1日早かった様です。残念。
沖縄県 2016.4.19

気になっていた長崎のツクシスミレを見る事が出来ました。沖縄と似た環境に生えていましたが、
花は小さめ、草丈は花の高さまでで6.5cm、葉面の長さ1.8cm程度と小さかったです。
長崎県 2016.4.14

側弁の基部は有毛(腺毛?)でした。
長崎県 2016.4.14-3

長崎のツクシスミレを見に行った間に咲き終わっていました。
沖縄県 2016.5.1

鹿児島県で、花期は過ぎていました。 2017.5.16