チシマウスバスミレ
千島薄葉菫

ウスバスミレ類 無茎種
Viola hultenii
==========================================
高層湿原に咲く小さなスミレで草丈は5〜10cm。分布は北海道〜本州中部(長野県)
ウスバスミレに似るが地下茎を出して増えて行くのが特徴。 葉は円心形、長さ2〜3cm。微毛があり、縁の鋸歯はウスバスミレの様に重ならない。 花は白色で側弁の基部は有毛、又は無毛。距は丸くて小さい。

湿原の草の隙間からポツポツ顔を出していたり、群落を作って花をつけている所もありました。
尾瀬  11.6.10

 11.6.10

葉には微毛があり、基部は深い心形。花の上弁は外側に反る様な咲き方が多かった。
画像では明瞭に見えませんが花柱の先が横に膨らむのもウスバスミレとの違い。
 11.6.10

戻る