リュウキュウシロスミレ(琉球白菫)

(無茎種)
Viola betonicifolia var. oblongo-sagittata

==========================================
アリアケスミレの南方型と言われていますが、まとめて一つの名前とするにはもったいない様な変化があります。
沖縄島では日当たりの良い草地、又は、半日陰、赤土地帯、道路わきのコンクリートの隙間等で見られます。
花は側弁が有毛、紫條のはっきりした物や薄いタイプ、色は紫の濃淡の色々と変化に富んでいるが、純白はない。
葉は長めの三角状披針形。葉の基部が特に幅が広いタイプもあり、葉柄には翼がある。
本島ではリュウキュウコスミレよりやや開花が遅い。花柄の長いのが大きな特徴で別名エナガスミレと言われている。
自生を確認しているのは、今の所沖縄県内の中部以北と八重山諸島。開花は1〜3月でリュウキュウコスミレよりやや遅い。

(左)2012.1.14 (右)2011.3.5


(左)本部町の桜まつりの山で桜と一緒に見られる光景。(中・右)国頭村の県道沿いで。
(左)2016.1.31 (中・右)2016.2.21


リュウキュウシロスミレの花色々 2012年


伊平屋島でみたリュウキュウシロスミレ 2013.2.11


リュウキュウシロスミレの葉 2012年 (右)2013年 2.26


リュウキュウシロスミレの横顔 2012年



以前の観察記録

西表島でみた中で花の中心がオレンジ色のものがありました。
西表島 20107.2.22


06.11.4  沖縄島中北部の道路沿い
まだ開花していません

05.12.25  本部町  
やっと花が咲き出しました

08.3.8  東村  
結構濃い色の花が見つかります

本部町の山の中のリュウキュウシロスミレ。ふっくらとして大型が多い。2004.2.7


top---home