コミヤマスミレ 小深山菫

ミヤマスミレ類(無茎種)
Viola maximowicziana
==========================================
福島県から屋久島までの太平洋の山地に分布する。照葉樹林下や杉林の下等陰湿な場所を好む。草丈は4〜8cmで、花の割に葉は大きく 2〜4cmの卵形、基部は心形。緑色〜濃緑色、暗緑色、斑が入る物等と変化は大きく、表面は有毛。
花は白色の小形で側弁の基部は有毛。萼片も有毛で先が反り返っている。

コミヤマスミレを初めて見たのは阿蘇で、葉に斑が入っていました。
阿蘇05.4.24

萼片に毛が多い。側弁の基部が有毛。葉は紫色を帯びていました。
阿蘇山05.4.24

4月後半、花はまだでした。こちらの葉は葉脈が赤くなっています。
高尾山 06.4.22

花のイメージはヤエヤマスミレに似てる気がしました。でも葉は花に比べるとかなり大きい。
日当たりの少ない暗い所に生えている。葉も花茎も有毛。萼片が反り返っている。

高尾山 07.4.30 この日のブロク


地元の方に案内して頂いて静岡でも開花を見る事が出来ました。
渓流の近くの林の中で咲いていました。
やっぱり湿った水蒸気がよく当たる環境です。

静岡県 11.5.8


5月の中旬ごろ、シダの勉強をしたいと高尾山に出掛けた時、丁度良い時期に出会いました。
花つきもよく周りに沢山の人がいるにも関わらず、夢中で撮りました。高尾山、2013.5.17



唇弁以外はふっくらした花弁で、九州のコミヤマスミレに似てる気がした。鳥取県 2014.5.8

熊本県2015.5.12

熊本県2015.5.12

戻る